結婚式二次会での絶妙な気崩しスタイル

友人の結婚式で、素敵な着こなしの男性がいたので思わず、夫の着こなしの参考に、と思ってチェックしてしまいました。

結婚式の二次会であってもスーツやジャケットスタイルが一般的ですが、その彼は少し着崩したスタイルで、それでも最大限にフォーマルに魅せるスタイルを楽しんでいたのが印象的でした。

まず、一番の特徴はジーンズをはいていました。二次会とはいっても基本的にはみな正装に近いスタイルをしてきますから、ジーンズと聞くと、え!まずいのでは?と思う方もいるかもしれません。ジーンズと言っても、色の褪せた明るいブルーではなく、彼はかなり色の濃く、わずかにダメージ加工のしてあるジーンズをはいていました。

上は、真っ白なシャツ、そして、白と寒色系のシンプルなストライプ柄のハンカチを挟んだ濃紺のジャケット、結婚式 二次会 ジャケットとしてはベストに近いチョイス。ジャケットの下には、ジャケットと同じような素材でできたベストを着こんでいました。上だけ見ると、上下スーツのような着こなしかと思えるような感じです。そして、靴は暗めの焦げ茶色の紐つきの革靴でした。

フォーマル感を最大限に残しながら、濃い色のジーンズでカジュアル感をわずかにとり入れた、とても好感の持てるスタイリングでした。

フォーマルであることにこだわるパーティでは難しいかもしれませんが、ちょっとした遊び心が感じられる彼のスタイルはとっても素敵で、夫にも伝授して試してもらいたいと思っています。

顔が大きいから友達と写メ撮りたくない

大流行しているファスティングダイエットは本当に効果てきめんですね。さすが流行っているだけあります。だって今まで食事制限系ダイエットをいくつも失敗してきた私でも、短期間でなんと体重を5キロも落とせたんですから。

これで体は結構理想のスタイルになりました。でも顔だけがどうしても痩せないんですよね。顔と体って別々にダイエットしないといけないんでしょうか。私の場合頬骨が張っていてその上に肉が乗っているのでパンパンで、余計に顔が大きく見えて損な顔の形をしています。

髪型だけではとてもごまかしきれないサイズ感です。最近周りはSNOWで写メを撮る子ばかりです。その時はスタンプやキラキラ、輪郭補正機能で顔のデカさがごまかされて幾分かましに写るので、ちょっぴり救われています。けれどスタンプなどの飾りなしに素の状態で写メを撮るときは本当に苦痛です。

わざと友達より前のめり気味に写って、さも遠近法で大きく写っている風を装っている写真ばかりフォルダにたまっていて、虚しいです。顔がパンパンになっているのって、どうしたらましになるんでしょう。一応シャワーではなく湯船に毎晩浸かって、むくみ取りマッサージは顔と体全部にやっているのですが、顔だけ一向に痩せません。

ヘッドスパでするのもいいとかいうし試してみようかと思ってます。