里帰り出産してきました。

関西から関東に嫁ぎ、仕事仕事の毎日で妊娠が発覚したとき、私には住んでいる周りに友達はいませんでした。それもあり友達のいる地元に帰って、出産することにしました。まず出産する病院選びだったのですが、私が高齢出産だったので看護師の母が「ここなら大体設備もあるから、大丈夫だから」と、探してくれた病院です。ただ問題点は、車で片道35分かかることです!検診のたびに毎回「遠いな~」と思いながら通いました。

でも病院の先生、看護士さんたちの言葉が、慣れ親しんだ方言なので優しく感じるし、親近感が沸きました。関東の病院はもちろん標準語なので、なんだか検診の説明が機械的に聞こえるな・・・と感じていたので、慣れ親しんだ言葉になっただけで、こんなに自分が安心していることにビックリでした。

安定期に入って出産予定日までは、毎日ウォーイングしたほうがいいと言われていたので、地元に帰っても続けていたのですが、ここも地元ならではと言いますか・・平坦な道がないのです!切り立った山に囲まれた地形なので、「上り坂」「でこぼこ道」しかないのです。平坦な道なら余裕で30分は歩けていたのに、地元に帰ると10分も歩けば、息が上がります。

しかも人気がない!急に具合悪くなっても、助けてくれる人がいないですね・・・。里帰り出産は心の安心感はありますが、体力的な安心感はあまりない気がしました。その後無事に生まれて、父母祖父母に赤ちゃんを見せれたので、少し親孝行できたかな?とは思います。

顔が大きいから友達と写メ撮りたくない

大流行しているファスティングダイエットは本当に効果てきめんですね。さすが流行っているだけあります。だって今まで食事制限系ダイエットをいくつも失敗してきた私でも、短期間でなんと体重を5キロも落とせたんですから。

これで体は結構理想のスタイルになりました。でも顔だけがどうしても痩せないんですよね。顔と体って別々にダイエットしないといけないんでしょうか。私の場合頬骨が張っていてその上に肉が乗っているのでパンパンで、余計に顔が大きく見えて損な顔の形をしています。

髪型だけではとてもごまかしきれないサイズ感です。最近周りはSNOWで写メを撮る子ばかりです。その時はスタンプやキラキラ、輪郭補正機能で顔のデカさがごまかされて幾分かましに写るので、ちょっぴり救われています。けれどスタンプなどの飾りなしに素の状態で写メを撮るときは本当に苦痛です。

わざと友達より前のめり気味に写って、さも遠近法で大きく写っている風を装っている写真ばかりフォルダにたまっていて、虚しいです。顔がパンパンになっているのって、どうしたらましになるんでしょう。一応シャワーではなく湯船に毎晩浸かって、むくみ取りマッサージは顔と体全部にやっているのですが、顔だけ一向に痩せません。

ヘッドスパでするのもいいとかいうし試してみようかと思ってます。

初めてのお産は里帰りだと安心できました

私は元々結婚する前から出産の際は里帰りで産むと決めていました。理由はやはり初めてのお産は不安も多いし、赤ちゃんのお世話も一人で出来るのか心配だったからです。実際に妊娠した時、私は実家から新幹線で2時間ほどかかる場所に住んでいて、まわりには頼れる知り合いもいない状況かつ主人の仕事も忙しかった事もあり、主人には私の好きにして構わないと言って貰えたので当初の希望通り里帰り出産をさせてもらいました。

実際にしてみた感想としては里帰りを選んでよかったと思っています。臨月になると体のあちこちが痛んできたりと日常的な家事をこなすのが辛い事もありましたし、なにより経験者がそばにいてくれるだけで、精神的に安心できました。

産後も初めての赤ちゃんのお世話に正直戸惑いもありましたし、最初の1ヶ月はまともに寝れず体力的にもきつかったので、そこにさらに家事もとなると無理だったと思います。里帰りならひとまず床上げまではゆっくり体を休められますし、お世話のアドバイスも貰えたので比較的大らかな気持ちで赤ちゃんと接せられました。

里帰りのデメリットとしては主人がお産や赤ちゃんのお世話に関われる機会が減ってしまった事です。お産に立ち会えなかった事ももちろんですが、私は産後約1ヶ月半後に自宅に帰った為、それまで主人はほとんど赤ちゃんのお世話に関われず、可哀想なところはありました。なので里帰り出産を選ぶかどうかはご主人の理解が不可欠ですので、夫婦でよく話し合って決める事をお勧めします。